読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kazu_ma’s WALKING-DIARY

ウォーキング・トレッキング・ダム巡り・寺社巡り・食べ歩き

鍾乳洞と滝のみち2

関東ふれあいの道 東京都の第5コース 鍾乳洞と滝のみち(9.0km)の続きです。(→前回)


富士見台への道はかなり急で、登るのにも一苦労。
さらに足場が悪いため、少しずつゆっくり登ります。


富士見台へ向かっている途中で上空を爆音を出しながらヘリコプターがずっとぐるぐる旋回していました。
よく見ると赤いヘリコプターで、救助用のヘリのようでした。
20分くらいずっと自分の上空で旋回しているため自分が遭難者に思われてるんじゃ…と不安になりつつ前に進んでいました。
その後、突然ヘリコプターがホバリングを始めて少し高度を下げてきたんです。
なんだろうと前に進んでいくと、レスキュー隊が担架を釣り上げている瞬間を目撃しました。
訓練なのか、本当に怪我人を救助していたのかわかりませんでしたが、びっくりしました。
自分はお世話にならないよう十分に気をつけたいと思います。


ヘリコプターが上空でホバリングしていたため、突風(しかも寒風)が吹き荒れ5分間ずっと木の陰に隠れて凌いでいました。
寒いってもんじゃありません。
もし訓練だったらもうちょっと違うところでやってほしかったなぁ


富士見台へ近づくと、道がだんだん白くなってきました。
どうやら昨日の夜に雪が降って日陰になっている所だけ残っているみたいです。
意外なところで初雪を見てしまいました。


富士見台に到着すると富士山がくっきりと見えました。
前回のコースよりもはっきり見えて、雪をかぶった富士山を拝むことができました。
なるだけ日の当たるところで休憩し、後は下山する道を歩きます。


大滝に向かって沢に沿いながら下山していきます。
下山していく最中も岩場になっているのですが、岩場の上に枯葉の絨毯があるため岩の位置を把握できず、滑りそうになりながらも何とか大滝に着くことができました。



(左上)
富士見台への道。
前日の夜に雪が降ったらしい。
どうりで寒いわけだ。
(右上)
富士見台。
富士見台にも雪が残っています。
この時点でまだ2人しかすれ違っていません。
(左下)
大滝への道。
今度は沢沿いに下っていきます。
(右下)
大滝への道。
ちょっと不安定な橋を渡ります。
体重オーバーで折れたりしませんように

富士見台。
寒いため、富士山がくっきりと見えました。