読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kazu_ma’s WALKING-DIARY

ウォーキング・トレッキング・ダム巡り・寺社巡り・食べ歩き

湿原とせせらぎのみち2

関東ふれあいの道 栃木県の第4コース 湿原とせせらぎのみち(11.8km)の続きです。(→前回)


象の鼻展望台で景色を堪能したら、一気に高低差850mの長い下り道を歩いて下山します。
下山を終えると発光路(ほっこうじ)の集落にたどりつき終点を迎えます。
発光路からは鹿沼市営バスでJR鹿沼東武新鹿沼まで行けるのですが、午後は17時台の1本しかないうえ、このバスを逃すと15km以上歩かないと最寄駅(足尾)に辿りつけないので必死で時刻に間に合わせました。



(上)
象の鼻展望台。
今まで登った山々、これから登る山々が見渡せました。
(下)
カヤの実。
終点の発光路には大きなカヤの木がありました。

カシミール3Dで作成しています。
標高。

※関東ふれあいの道
栃木(4/31) 千葉(16/29) 東京,埼玉,群馬(踏破)