読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kazu_ma’s WALKING-DIARY

ウォーキング・トレッキング・ダム巡り・寺社巡り・食べ歩き

浮世絵と史跡を見る里のみち

関東ふれあいの道(栃木)

11/21、関東ふれあいの道 栃木県の第30コース 浮世絵と史跡を見る里のみち(11.4km)を歩いてきました。
道の駅ばとう→唐の御所→すくすくの森→乾徳寺→広重美術館→和見→道の駅ばとうというコースです。


紅葉もそろそろ終わりかなと思っていたのですが、乾徳寺の紅葉が素晴らしくきれいでした。
この近くには広重美術館もあり歌川広重の浮世絵と歴史を始めとする様々な作品が展示されています。時間の都合上、立ち寄れなかったのが残念でした。



乾徳寺。
緑と赤のグラデーションが楽しめました。

広重美術館。
かなり横長の平屋建ての建物です。

※関東ふれあいの道
栃木(30/31) 千葉(16/29) 東京,埼玉,群馬(踏破)