読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kazu_ma’s WALKING-DIARY

ウォーキング・トレッキング・ダム巡り・寺社巡り・食べ歩き

宮城県県民の森を歩く

6/2、宮城県利府町、スポーツオーソリティ利府店イヤーラウンド*1に参加しました。
イヤーラウンドは3年ぶりです。



イオンモール利府
ここにスポーツオーソリティの店舗がある。
10kmと15kmの2コースが設定されているらしいが、今回は県民の森コース(15km)を歩かせてもらった。



歩いてすぐに上り坂となる。
見えてくるのは利府町中央公園野球場
楽天のファーム球場として使われてもいる。



一旦下って、高速道路の上にかかっている橋を渡って、グランディ・21方面へ。
写真は宮城スタジアムで、伊達政宗の兜についている三日月をモチーフにしたもののようだ。



グランディ・21から外れ、県民の森方面へと向かう。
向かう途中に青麻神社が見えてくる。
ここは以前に参拝しているので、省略。
ちなみにここの付近は仙台市になっている。



青麻神社にある湧水。
もともと参拝客向けの茶屋がありそこで使っていた湧水のようです。
水を汲みに来る人もたくさんいます。





青麻神社から緩やかな上り坂を歩いていくと県民の森が見えてくる。
写真上はさつき苑になっている。



県民の森を抜け、長い上り坂を歩ききれば、グランディ21にまた戻ってくる。




ゴールのイオンモール利府に戻る途中の田圃。
田圃の奥には高速道路と鉄道の陸橋が見え、自然の中の人工物に違和感を感じた。


大半は街中を歩くコースであるが、一歩外れれば県民の森のような自然豊かな景色が広がるのはおどろいた。
また、県民の森だけでなく、街中も終始アップダウンが多く、思っていた以上に体力を使うコースだった。

*1:year-round、全国各地にある1年中歩けるウォーキングコース