読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kazu_ma’s WALKING-DIARY

ウォーキング・トレッキング・ダム巡り・寺社巡り・食べ歩き

山形のダム 迫力のある融雪越流を見に行ってみよう!

暖かくなってきましたね。
山形のダムでも雪解けで水位が上昇し、越流(放流)がいたるところで始まりました。
なので、今回は迫力がある越流(放流)が見ることができる山形のダムを3基紹介してみようと思う。


1)水しぶきを浴びよう! 月山ダム


※4/10の時点ではまだ越流(放流)していない。
※4/18から越流(放流)が開始しました。
山形県のダムといえば…と聞くと一番最初に名前が上がることが多い月山ダム
おととしから越流(放流)期間に合わせて、越流見学ツアーが企画されている。
今年度も催されるかどうかは4/10の時点では不明だが、開催されれば普段行くことができないダム直下から放流の水しぶきを浴びることができる。
参加は1名から可能で、気軽に参加できる点でもよい。
開催されるかは月山ダム管理所HPを参照。↓
www.thr.mlit.go.jp
またライブカメラも設置されているため、越流(放流)しているかどうかをネットで確認することができる。↓
www.thr.mlit.go.jp


2)3帯の合流を見下ろして楽しむ 横川ダム


※4/7から越流(放流)が始まっています。
月山ダムと違って、ダム直下に近づくことはできない。
しかし、天端*1から見下ろすと迫力満点の越流(放流)が見られる。
3ヶ所のそれぞれのゲートから放流されて、ダム直下で流れが合わさる様が見ていて飽きない。
ライブカメラも設置されているため、越流(放流)しているかどうかをネットで確認することができる。↓
横川ダム下流:ライブカメラ - 横川ダムと白い森おぐに湖


3)龍の鱗のような波紋が美しい 新鶴子ダム


※4/10現在、放流しているかどうか確認できていません。
※4/15、越流はまだのようですが、うっすらと水が落ちてきているようです。
※4/23、越流を確認しました。
洪水吐*2直下に橋が架かっており、そこから見上げる越流(放流)が格別。
龍の鱗のような波紋が迫ってくる感じを実際に体験してほしい。


この他のダムでも越流(放流)はありますが、特に迫力があると感じたダムをピックアップしてみました。
越流(放流)は今シーズンの雪の積雪量、気温等により、越流(放流)期間は様々です。
時期を逃さないよう、ダムに足を運んではいかがでしょうか。

*1:ダムの一番上の部分

*2:洪水に対処するため設けられた放流設備