読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kazu_ma’s WALKING-DIARY

ウォーキング・トレッキング・ダム巡り・寺社巡り・食べ歩き

小梨峠から牛伏山へのみち2

関東ふれあいの道(群馬)

関東ふれあいの道 群馬県の第4コース 小梨峠から牛伏山へのみち(20.0km)の続きです。(→前回)


牛伏山から長い階段を下り、田んぼ道をひたすら歩いていくと多胡碑が見えてきます。
日本三碑の一つで牛伏山付近で採れる牛伏砂岩(多胡石)で造られています。
多胡碑周辺には運動公園や広場などがあり、散歩したり遊んだりすることができます。


多胡碑からは上信電鉄の線路を沿うように歩いていくと馬庭念流道場が見えてきます。
念流は剣道の一流派で、その道場ということですごいところにあると思いきや、馬庭駅周辺の民家の一角にぽつんと建っていたのには驚きました。



(左上)
多胡碑。
多胡碑を見ようと思ったら、鍵が閉められており窓越しからしか確認することができませんでした。
(右上)
入野橋から見た鏑川。
奥に見える橋は上信電鉄が走ります。
(左下)
馬庭念流道場。
誰もいなくて、静まり返っていました。
(右下)
馬庭駅。
上信電鉄初めての駅。
土日は無人駅となるため、自分ひとりしか乗らないのかと思っていたら学生さんがたくさんいました。
近くに高校があるらしく、部活動の帰りみたいでした。

カシミール3Dで作成しています。
標高。
これから先のコースは上信電鉄の下り方面に沿うように群馬の道を巡っていきます。

※関東ふれあいの道
群馬(3/34) 千葉(12/29) 東京,埼玉(踏破)